2010年02月17日

“無申告”首相「よい国のためぜひ納税を」 確定申告16日にスタート (産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は15日夜、16日から平成21年分の所得税の確定申告がスタートするにあたり、「当然税金を払っていただき、そのことで国民の皆さんのお暮らしを守る政治をつくり上げていく。この国をさらによい国にしていくために税金をお支払いいただきたい」と述べ、国民に納税を呼びかけた。首相官邸で記者団の質問に答えた。

 首相は母親から7年間で約12億円6千万円の資金提供を受けながら申告していなかったが、この件を関しては「政治に対する信頼を回復させていかねばならない。そのような思いで自らも戒める」と述べただけだった。

【関連記事】
子ども手当「23年度は満額」 首相が強調
北海道教組から民主・小林議員側へ1000万円超の裏金か 札幌地検が捜査
「今まで米国に依存しすぎた」首相また問題発言 
おこちゃま政権のむなしすぎる国会論戦
平成の脱税王と居眠り副総理

首相動静(2月12日)(時事通信)
普天間移設、米上院小委員長「複数の選択肢ある」(読売新聞)
訴訟合戦に終止符=携帯虫よけ器で和解へ−アース、フマキラー(時事通信)
韓国曲をカラオケ無断使用、第一興商に賠償命令(読売新聞)
女子中生4人で食い逃げ3時間2万円「普段食べられないものを…」 (産経新聞)
posted by ミカミ タダユキ at 10:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。