2010年05月17日

ギャルみこしオーディション、竹の棒担ぎアピール(読売新聞)

 資金難などで2006年から中止されていた奈良市東向商店街の「ギャルみこし」が、平城遷都1300年を記念して、5年ぶりに復活する。

 15、16両日は同商店街でオーディションがあり、定員の20人を大幅に上回る女性約90人が特技などを披露、参加をアピールした。29日午後、赤い法被姿の女性たちが同商店街などを練り歩く。

 ギャルみこしは1980年頃、同商店街のアーケードが新調されたことを祝って始まった。毎年、商店街にある「東向弁財天」の祭りがある七夕頃に、女性たちが約200キロあるみこしを威勢よく担ぐ恒例イベントだったが、景気の低迷で資金集めが難航、支援する商店街の人手不足などで中止されていた。

 客らから「今年はないのか」と問い合わせが多く、今年、市内の商店街などで開催される「まちなか1300年祭」(市中心市街地活性化研究会主催)として復活した。

 会場では、商店街関係者2人が審査員を務め、面接に臨んだ女性たちが両端に計3キロの砂袋を結びつけた竹の棒を担いで力試しをした。その後、志望動機やみこしへの思い、特技などを述べ、アピールした。オーディションに挑んだ京都府宇治市の会社員間瀬佳苗さん(23)は「祭りが大好きで、募集を知りすぐに応募を決めた。盛り上がりたい」と意気込んでいた。

 オーディションを受けた中には、中止前に参加していた学生や、幼い頃からあこがれていたという女性もおり、審査員の豊田拓也さん(39)は「人とのつながりができていくのもみこしの魅力の一つ。本番では見る人だけでなく、担ぎ手が感動の涙を流せるぐらいにしたい」と話す。

 ギャルみこしは午後1時に東向商店街事務所前をスタートし、同商店街を練り歩き、同3時からは花芝商店街や下御門商店街などで担ぐ。問い合わせは東向商店街事務所(0742・24・4986)。

ワカメ産地偽装で前社長を逮捕=中国産を「鳴門産」−徳島県警(時事通信)
室内に血痕 複数の足跡 横須賀男性殺害(産経新聞)
子宮頸がんワクチン、集団接種=初の全額助成、栃木・大田原市(時事通信)
民主議員発言で米側混乱 「地元賛成」とウソ 政府断念の伊江島案(産経新聞)
首相動静(5月14日)(時事通信)
posted by ミカミ タダユキ at 15:13| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。