2010年03月10日

奈良5歳児餓死、「2年前からやせ細る」父供述(読売新聞)

 奈良県桜井市で吉田智樹ちゃん(5)が餓死した事件で、保護責任者遺棄致死容疑で逮捕された父親の会社員博容疑者(35)が、「智樹は2年ほど前から目に見えてやせてきていた」と供述していることがわかった。

 「十分な食事を与えなくなったのは今年1月から」とする母親のパート店員真朱(まみ)容疑者(26)の説明と食い違っており、県警は、虐待がエスカレートしていった経緯を詳しく調べる。

 捜査関係者によると、真朱容疑者は「妹が生まれた2006年12月頃から夫婦仲が冷え込み、(智樹ちゃんが)夫に似ているのが憎らしかった」と供述、3年前から顔を殴るなどしていたことを認めた。しかし、食事については、朝1回、わずかしか与えなくなったのは1月初めからで、餓死の1週間前から全く食べなくなったとしていた。

 県警は、智樹ちゃんの死亡時の身長が85センチと発育が極端に悪いことから、食事を十分に与えなくなった時期を追及。博容疑者は「智樹は2年前からほおがこけ、明らかにやせ細ってきた。きちんと与えなくなったのはこの頃から」と述べ、「食事も家族と別だった」と説明しているという。

 博容疑者は、真朱容疑者の虐待が始まった3年前頃、親類の連帯保証人になって200万円の借金があったといい、「虐待には気づいていたが、負い目があって言い出せなかった」と供述しているという。

宮崎3遺体 奥本容疑者「3人を殺した」と供述始める(毎日新聞)
北教組事件 小関容疑者「5区担当は15年前から」(産経新聞)
<10年度予算案>衆院予算委で可決 年度内成立へ(毎日新聞)
<チリ地震>医療チーム派遣 鳩山首相が方針(毎日新聞)
<カーリング>「チーム青森」登場…北見で日本選手権開幕(毎日新聞)
posted by ミカミ タダユキ at 06:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月08日

ユニット型特養への融資、25年償還に―福祉医療機構(医療介護CBニュース)

 厚生労働省社会・援護局が3月2日に開いた関係主管課長会議では、福祉医療機構(WAM)が新設した「社会福祉振興助成費補助金」などの説明があった。

 WAMが従来実施してきた「長寿・子育て・障害者基金事業」については、政府の行政刷新会議が昨年11月に実施した事業仕分けで、基金の全額を国庫に返納し、必要な事業は毎年度の予算措置とするよう評価されたことから、WAMは同基金を返納し、新たに「社会福祉振興助成費補助金」を設ける。
 ただし、廃止する「長寿・子育て・障害者基金事業」の来年度分の交付要望は、昨年9月に受け付けを終了しており、既に申請している分については、新設の補助金の助成要望があったとみなすほか、要望の取り下げや内容の変更も認めるとした。
 また、ユニット型の特別養護老人ホームに限って、建築や土地取得資金の償還期間を現行の20年以内から25年以内に延ばすほか、据え置き期間も2年以内から3年以内に延長する。
 このほか保証については、法人が希望する場合、貸付利率に一定利率を上乗せするオンコスト方式(2010年度オンコスト金利0.05%)を導入するとした。

 同日、WAMの担当者が、福祉貸し付け事業の融資の基本方針について説明。
 この中で、本体施設に併設するデイサービスなどの稼働率が低調だったり、本体の定員が埋まらないために赤字になったりして償還が滞るケースもあることから、都道府県は事業計画や定員が適正かどうかなどを地域事情を踏まえて検討してほしいと要望した。
 また、施設の整備費用が過大になるケースが増えており、ユニット型と従来型の特養を合築する場合などでは、両方の基準を満たすために無理な計画を立てるケースも見られるとした。
 その上で、WAMの融資可能額は収支差額で償還可能な金額までという方針を事業者に理解してもらい、計画の適正化への指導に努めてほしいとした。
 このほか、昭和50年代に造られた施設の改築のニーズが高まっているため、WAMでは積極的に融資に対応していくとした。


【関連記事】
福祉医療機構の中期目標・計画改正案など了承
社会福祉法人の管理などで説明―社会・援護局
介護人材の確保策など説明―社会・援護局
福祉医療機構の存続を要望―四病協
福祉医療機構の助成基金「全額国庫に返納」―事業仕分け

首相動静(3月2日)(時事通信)
東電との取引装い融資金詐取、社長を再逮捕(読売新聞)
火災 静岡・三島の老人ホーム、焼け跡から1遺体(毎日新聞)
ほかの少年2人にもわいせつ行為=少年院教官を再逮捕−神戸地検(時事通信)
<アカデミー賞>長編アニメ賞に「カールじいさん」(毎日新聞)
posted by ミカミ タダユキ at 20:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月07日

ひき逃げ容疑で逮捕したら…別の事件も発覚(産経新聞)

 茨城県警水戸署は5日、自動車運転過失傷害と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで、水戸市梅香、会社役員、武士(たけし)恭久被告(50)=自動車運転過失致死罪などで起訴=を再逮捕した。

 同署の調べによると、武士容疑者は1月30日午後9時10分ごろ、水戸市姫子の県道で乗用車を運転中、車道脇を歩いていた男性会社員(36)=水戸市東原=をはね、そのまま逃走した疑いが持たれている。男性は右腕などに軽傷を負った。同署によると、武士容疑者は「間違いありません」と容疑を認めている。

 武士容疑者は2月13日夜、同市元山町の県道で死亡ひき逃げ事故を起こし、14日に逮捕。1月の事故の被害者がナンバーの一部を覚えていて、同署が武士容疑者を追及していた。

【関連記事】
事故現場で救護中にパトカー盗まれる 栃木県警
死亡ひき逃げに適用少ない殺人罪 摘発160件も送検ゼロ
車3キロ引きずり元ホスト、殺意を否定 初公判でメモ読み謝罪
ひき逃げ容疑で会社員を逮捕 東京・東大和
ひき逃げ?路上で男性死亡 東京・東大和

沿岸部の鉄道各線、運転見合わせ相次ぐ 大津波警報受け(産経新聞)
シリコンウエハー販売で脱税容疑、会長ら逮捕(読売新聞)
ジブラルタ生命 3665人分の顧客情報紛失 パソコン盗難(産経新聞)
<瑞浪「いじめ」自殺>両親、遺書に名前のある生徒ら提訴へ(毎日新聞)
司馬さんの絵心 色鮮やかノート 大阪の記念館で一般公開(産経新聞)
posted by ミカミ タダユキ at 05:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。